設計技術

東レでは、様々な分野において、CAE技術を活用した設計支援を行っています。

設計業務におけるCAE技術の役割

設計とは、もっと強く・軽く等といった「お客様のご要望(=開発目標)」を、設計目標に置き換え、最終的には設計図面上の数値(設計パラメータ)を決定する作業です。お客様のご要望を反映した商品をいち早く市場に提供するには、開発期間を短縮し、しかも低コストで商品開発を行う必要があります。

設計技術の図

東レは、コンピュータ技術と設計現場のノウハウを融合させたCAE技術の開発を通じて、お客様の商品開発に寄与し続けたいと考えています。

東レが取り組む複合材料CAE設計技術

異方性/積層構造のモデル化手法

  • 強度予測技術
  • 材料データベースの整備
  • 成形プロセス解析技術
  • 簡易モデリング手法
  • 製品性能評価に必要なTotalCAE技術の構築

複合材料独自の材料データベースの構築、各種モデリング手法(積層板・サンドイッチ・接合部など)の開発により、解析精度の向上を図っています。

  • 複合材料の数値モデル複合材料の数値モデル
  • 実験による検証(サンドイッチ板の3点曲げ強度実験による検証(サンドイッチ板の3点曲げ強度)(左:解析図 右:実験)