トレカ®クロス工法 仕様・性能

土木建築用クロスの性能と仕様

品番 UT70
-20G
UT70
-30G
UT70
-40G
UT70
-45G
UT70
-60G
UM46
-30G
UM46
-34G
UM46
-40G
BT70
-20
BT70
-30
種類 一方向高強度クロス 一方向中弾性クロス 二方向高強度クロス
維持重量
(g/m2)
200 300 400 450 600 300 340 400 タテ100
ヨコ100
タテ150
ヨコ150
シートの厚さ
(mm)※1
0.111 0.167 0.222 0.25 0.333 0.163 0.185 0.217 タテ0.056
ヨコ0.056
タテ0.083
ヨコ0.083
密度(g/cm3) 1.8 1.8 1.8 1.8 1.8 1.84 1.84 1.84 1.8 1.8



(kN/mm2) 3.4 3.4 3.4 3.4 3.4 2.4 2.4 2.4 タテ2.9
ヨコ2.9
タテ2.9
ヨコ2.9
(kgf/cm2) 35000 35000 35000 35000 35000 25000 25000 25000 タテ30,000
ヨコ30,000
タテ30,000
ヨコ30,000






※2
(kN/mm2) 230 230 230 230 230 440 - - 230 230
(kgf/cm2) 2.34×106 2.34×106 2.34×106 2.34×106 2.34×106 4.5×106 - - 2.34×106 2.34×106


※3
(kN/mm2) 245 245 245 245 245 440 440 440 245 245
(kgf/cm2) 2.5×106 2.5×106 2.5×106 2.5×106 2.5×106 4.5×106 4.5×106 4.5×106 2.5×106 2.5×106
幅(cm) 25,33,50 25,33,50 25,33,50 50 50 25 25 25 100 100
  • ※1.炭素繊維の実断面積から接待した値。樹脂を含めた施工後の厚さは、一層当たり0.6~1.5mm。
  • ※2.(財)日本建築防災協会、平成11年9月「連続繊維補強材を用いた既存鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計・施工指針」に記載のヤング係数。
  • ※3.建設省土木研究所構造橋梁研究室/炭素繊維補修・補強工法技術研究会。平成11年12月「コンクリート部材の補修・補強に関する共同研究報告書(Ⅲ)」-炭素繊維シート接着工法による道路橋コンクリート部材の補修・補強に関する設計・施工指針(案)-」に記載のヤング係数。
  • ・引張強度は材料強度の特性値、ヤング係数は平均値を表示しています。
  • ・特殊な目ズレ防止加工により、カットした際の糸のほつれが生じにくくなっています。
  • ・1ロール50m巻きで梱包されています。

プライマーの仕様と性能

品番 春夏秋用 冬用 備考
TSP400S TSP400W
可使時間 60分(20℃) 90分(10℃) 温度上昇法(300g)
比重※ 1.00~1.30(20℃) JIS K7112
引張せん断
接着強さ
10MPa以上(20℃) JIS K6850
接着強さ 1.5MPa以上(20℃) JIS A6909
使用温度 15℃~35℃ 5℃~20℃
配合比 主剤 : 硬化剤= 2 : 1
出荷単位 10kg  
JAIA F☆☆☆☆取得済
ノンホルムアルデヒド登録番号
◎TSP400S 009198
◎TSP400W 009199
  • ※SR-CF工法指定材料

不陸修正材(パテ)の仕様と性能

品番 春夏秋用 冬用 備考
TSF600S TSF600W
可使時間 90分(20℃) 90分(10℃) 温度上昇法(300g)
比重 1.30~1.50(20℃) JIS K7112
引張せん断
接着強さ
10MPa以上(20℃) JIS K6850
接着強さ 1.5MPa以上(20℃) JIS A6909
使用温度 15℃~35℃ 5℃~20℃
配合比 主剤 : 硬化剤= 2 : 1
出荷単位 10kg  
JAIA F☆☆☆☆取得済
ノンホルムアルデヒド登録番号
◎TSF600S 009200
◎TSF600W 009201
  • ※SR-CF工法指定材料

含浸接着樹脂(レジン)の仕様と性能

品番 春夏秋用 冬用 備考
TSR800S TSR800W
可使時間 45分(20℃) 60分(10℃) 温度上昇法(300g)
硬化物比重 1.00~1.30(20℃) JIS K7112
曲げ強さ 40MPa以上(20℃) JIS K7203
引張強さ 30MPa以上(20℃) JIS K7113
引張せん断
接着強さ
10MPa以上(20℃) JIS K6850
使用温度 15℃~35℃ 5℃~20℃
配合比 主剤 : 硬化剤= 2 : 1
出荷単位 10kg  
JAIA F☆☆☆☆取得済
ノンホルムアルデヒド登録番号
◎TSR800S 009202
◎TSR800W 009203
  • ※SR-CF工法指定材料

先込め充填接着樹脂(SR-CF工法用樹脂)の仕様と性能

品番 春夏秋用 冬用 備考
AR200S AR200W
可使時間 60分(20℃) 60分(5℃) 温度上昇法(300g)
比重 1.00~1.40(20℃) JIS K7112
曲げ強さ 40MPa以上(20℃) JIS K7203
引張強さ 20MPa以上(20℃) JIS K7113
衝撃強さ 1.5kJ/m2以上(20℃) JIS K7111
硬さ 80HDD以上(20℃) JIS K7215
引張せん断
接着強さ
10MPa以上(20℃) JIS K6850
使用温度 15℃~35℃ 5℃~20℃
配合比 主剤 : 硬化剤= 2 : 1
出荷単位 6kg  
JAIA F☆☆☆☆取得済
ノンホルムアルデヒド登録番号
◎AR200S 009204
◎AR200W 009205
  • ※SR-CF工法指定材料
  • ※AR200は低臭タイプではありません。