トレカ®ラミネート工法 比較

工法の性能比較

  トレカ®ラミネート工法 鉄板補強工法
引張強度 2,400N/mm2
  • 鉄の10倍
235N/mm2
重量 軽い(鉄の1/5)
  • 比重γ=1.6
  • 死荷重が増えない
重い
  • 比重γ=7.85
耐久性 錆びない 錆びる
加工性 優れている
  • 線状施工
  • 工種が少ない
  • 重機不用
  • 床下面補強が容易
良い
  • 面状施工
  • 搬入が大変
  • 工事が繁雑

費用・工期の比較例

補強案 トレカ®ラミネート工法 トレカ®クロス工法 鉄板
補強量 TL520 @300 UT70-20 x 2層 PL-4.5
m2単価 0.76 0.86 1.00
工期(比率) 0.36 0.86 1.00

条件

事務所ビル片持スラブの補強(スラブ1面当り)

  • (1)補強は、片持方向(1方向)の曲げ補強
  • (2)直接工事費のみ
  • (3)鉄板には、工場制作費を含む
  • ※補強対象の設計、施工条件により費用、工期は異なります