トレカ®ラミネート工法 概要

トレカ®ラミネート工法とは

トレカ®ラミネートを躯体に接着する補強工法

トレカ®ラミネートが引張力を負担

補強工法の図

用途

建築の補強(今後、土木分野にも展開予定)

  • 木造構物木造構物
  • スラブスラブ
  • 開口補強開口補強
  • 小梁小梁
  • 煙突煙突

材料の特長

「シーカデュア30」 「シーカデュア30」

トレカ®ラミネート
板状CFRP(炭素繊維強化プラスチック)
加工容易(サンダー切断のみ)
補強効果は炭素繊維シート4~8層分(単位面積当りの炭素繊維量比較)
接着剤(シーカデュア30)
モルタル状接着剤
プライマー不用
段差(3mm以下)への対応容易

工法の特長

工法の特長

軽い
人力施工で重機不用
補強後の荷重増加は僅か
取扱いが容易
狭い空間の作業性良
居ながら施工可能
縞状施工
下地処理(面積、粉塵、ガラ)が軽減→短工期
断面の増加が僅か(2~5mm程度)
使用空間への影響(面積、容積、階高の減少)は僅か